生川工場

生川工場の概況

所在地: 埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬8354番地
生産品目: 生石灰,生石灰複合材,消石灰,消石灰混合材,炭酸カルシウム(タンカル) JIS R 9001 工業用石灰 生石灰特号、消石灰特号 肥料(生石灰,消石灰)、飼料(炭酸カルシウム)
品質マネジメントシステム: ISO 9001:2008
登録番号 JSAQ 1468
生川工場

生川工場

生川工場の紹介

生川工場は、埼玉県秩父地方の武甲山の麓に位置し、宇根鉱山で採掘された良質な石灰石を原料として、タンカル製品及び石灰製品を製造しています。

操業にあたっては従業員が一丸となり、常に、『如何なる状況でも、お客様に満足していただける製品を、安定的に供給する』ことを心掛けています。

石灰焼成炉は3種類計5基を保有し、製品に応じて焼成炉を使い分け焼成しています。設備の修理やメンテナンスを迅速適確に行い、原燃料の品質管理に努めることで製品の高い品質を保っています。

タンカル製品では、保有する粉末ミル、粗粒品製造設備を駆使して、お客様ごとに異なるニーズに応えています。

また、ごみ焼却場向けの製品として、排ガス処理およびばいじん処理に高い効果を発揮する「高反応性消石灰」や「消石灰混合材」の製造を行っています。「消石灰混合材」では、排ガスの組成・性状に最適化された製品をオーダーメイドで生産しています。

主要製造設備
生石灰 焼成炉
粉末ミル
5基(メルツ炉2基、ベッケンバッハ炉2基、ロータリーキルン1基)
2基
消石灰 消化設備
高反応品消化設備
2系統
2系統
タンカル 粉末ミル
粗粒品製造設備
4基
2系統

ベッケンバッハ炉とメルツ炉
メルツ炉の炉内

石灰石を高温焼成することで脱炭酸し、
生石灰を生産します。

左:ベッケンバッハ炉(左側)及びメルツ炉(右側)

上:メルツ炉の炉内


ロータリーキルン
メルツ炉の炉内

左:ロータリーキルン

上:ロータリーキルンの炉内のようす


石灰石を粉砕して粉末タンカルを生産します。
右:粉末タンカル用ローラーミル

粉末タンカル用ローラーミル

製造工程

生川工場製造工程

環境への配慮

当工場では、環境に配慮した操業を心掛けています。
・燃料の代替化(再生重油,廃プラスチック等)による化石燃料使用抑制の推進
・大型ファンのインバーター制御化による電力使用削減の推進
・場内電灯のLED化による電力使用削減の推進
・焼成炉廃熱ボイラー設置による排出熱の回収

HOME ページの先頭へ戻る